ホンダ CBR1000RR SP、新日鉄住金のチタン薄板を燃料タンクに採用

モーターサイクル 新型車

CBR1000RR フューエルタンク 2ピース構造イメージ図
  • CBR1000RR フューエルタンク 2ピース構造イメージ図
  • ホンダ CBR1000RR SP(ヴィクトリーレッド)
新日鉄住金は、同社のチタン薄板がホンダの大型スポーツバイク最新モデル『CBR1000RR SP』の燃料タンク素材として採用されたと発表した。

CBR1000RR SPは、ホンダのスポーツバイク「CBRシリーズ」の最上位モデルとして、徹底した軽量化を図られた最新機種。公道用量産車での燃料タンク本体へのチタン採用は、今回が世界初となる。

今回の燃料タンクにおけるチタン薄板の採用は、新日鉄住金製純チタン1種材(TP270C)の優れた性質が認められたもの。最新モデルの軽量化や、軽快感あふれるニュートラルなハンドリング特性に貢献している。またエキゾーストシステムにも新日鉄住金製純チタン2種材(TP340C等)が採用されており、軽量化とともにマス集中化に寄与している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集