マツダ ロードスター RF、レッドドット アワードで最高賞…ソフトトップに続き受賞

自動車 ビジネス 海外マーケット

マツダ ロードスター RF(欧州仕様車)
  • マツダ ロードスター RF(欧州仕様車)
マツダは、「Mazda MX-5 RF(日本名:ロードスター RF)」が国際的デザイン賞「2017年レッドドット賞:プロダクトデザイン」の最高賞である「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」を受賞したと発表した。

ベスト・オブ・ザ・ベスト賞はレッドドット賞のプロダクトデザイン部門における最高の賞で、特に優れている工業製品に贈られるもの。MX-5は2015年にソフトトップモデルで同賞を受賞しており、リトラクタブルハードトップと両モデルでの受賞となる。

レッドドット賞は、独ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンターが主催する約60年の歴史を持つデザイン賞。世界各国から応募された幅広いカテゴリーの工業製品から、デザインの革新性、機能性、人間工学などの9つの基準に基づき審査され、クオリティの高いデザインに贈られる「レッドドット賞」をはじめ、その中でも最高位の「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」のほか、特別賞である「オーナラブル・メンション賞」などがある。今年の授賞式は7月3日に独エッセンにて行われる。

マツダでは、2013年の「Mazda6(日本名:アテンザ)」、2014年の「Mazda3 (日本名:アクセラ)」のハッチバックモデル、2015年の「Mazda CX-3」がレッドドット賞を受賞したほか、2015年に「Mazda2(日本名:デミオ)」が「オーナラブル・メンション賞」、「Mazda MX-5」が「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」を受賞している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集