【リコール】フィアット 500 など、ベースフレーム不具合でシートが固定されない

自動車 テクノロジー 安全

フィアット500
  • フィアット500
  • アバルト500
  • 改善箇所
FCAジャパンは3月17日、フィアット『500』などのシートレールに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、フィアット『500』、アバルト『500』『695ビポスト』の3車種で、2016年2月13日~3月25日に輸入された合計346台。

前席右側座席において、シートレールの製造が不適切なため、座席の位置調整溝が開いていないものがある。そのため、座席が適切に固定されず、最悪の場合、衝突時に座席が動き、過度のケガを負うおそれがある。

改善措置として、全車両、前席右側座席のベースフレームを点検し、シートレールの加工が不適切なものは、ベースフレームを良品に交換する。

不具合および事故は起きていない。本国からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集