南武線の津田山駅が橋上駅に…2020年春頃完成目指す

鉄道 企業動向

北口の外観イメージ。橋上駅舎は2019年春頃から使用を開始する。
  • 北口の外観イメージ。橋上駅舎は2019年春頃から使用を開始する。
  • 改札入口のイメージ。全てが完成するのは2020年春頃の予定だ。
川崎市とJR東日本横浜支社の2者は3月7日、津田山駅(川崎市高津区)の自由通路と橋上駅舎の新設工事に着手すると発表した。2020年春頃の完成を目指す。

津田山駅は、南武線の武蔵溝ノ口~久地間にある駅。2者は2016年6月に施行協定を締結し、着工に向けた準備を進めてきた。

発表によると、自由通路は延長約55m、幅約4mで、北口と南口にそれぞれエレベーターを設置。橋上駅舎は地上2階建てで、コンコースとエレベーター、バリアフリーに対応した多機能トイレなどを設ける。

工事は3月下旬に着手し、2019年春頃には橋上駅舎と自由通路の北口側のみ使用を開始。2020年春頃には自由通路の南口側も含め全て完成する予定だ。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集