そこはもう…特急『ハウステンボス』をリニューアル 3月18日から運行

鉄道 企業動向
783系リニューアル車のイメージ。3月から特急『ハウステンボス』で運用される。
  • 783系リニューアル車のイメージ。3月から特急『ハウステンボス』で運用される。
  • リニューアル後のグリーン車のイメージ。
  • リニューアル後の普通車のイメージ。
JR九州は1月30日、783系特急形電車をリニューアルすると発表した。リニューアル車は3月18日から、オランダの街並みを再現したテーマパーク「ハウステンボス」(長崎県佐世保市)へのアクセス特急『ハウステンボス』で運用される。

783系は1988年3月にデビュー。国鉄分割民営化後のJRとしては初の新型車両で、出入口を車体中央に設けて客室を二つに分けるといった新機軸が盛り込まれたのが特徴だ。

発表によると、リニューアルのデザイン・コンセプトは「そこはもうハウステンボス」。車体の色はオレンジに変更し、車内は腰掛けやカーテンを「明るく楽しいデザイン」に変更する。天井や壁、床は天然木材を使用する。このほか、荷物置場も設ける。

リニューアル車は、博多~ハウステンボス間の特急『ハウステンボス』で運用。運行初日の3月18日は、博多9時09分発の『91号』とハウステンボス16時01分発の『96号』で運用される予定だ。リニューアル車は1編成だけだが、JR九州は特急『ハウステンボス』で運用している他の編成も順次リニューアルするとしている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • イメージは「球磨地方の森」…JR九州の新観光列車、2017年夏頃から運行 画像 イメージは「球磨地方の森」…JR九州の新観光列車、2017年夏頃から運行
  • JR九州のガチ割引、若者向けに最大51% 今春も発売 画像 JR九州のガチ割引、若者向けに最大51% 今春も発売
  • JR全国ダイヤ改正は2017年3月4日…北海道の特急体系を変更 画像 JR全国ダイヤ改正は2017年3月4日…北海道の特急体系を変更
  • 妙見山のケーブルカー値上げへ…能勢電鉄、運賃変更を申請 画像 妙見山のケーブルカー値上げへ…能勢電鉄、運賃変更を申請

特集