ユピテルとドコモ、対話型AIロボットを共同開発

自動車 ビジネス 国内マーケット
対話型AIロボット
  • 対話型AIロボット
  • システム構成
ユピテルとNTTドコモは、ユピテルの車載器やロボット型端末等にドコモのAI・IoTの技術を活用し、商品開発・サービス提供を協業推進することで合意したと発表した。

両社は協業第一弾として、NTTグループのAI技術「Corevo」の自然対話プラットフォーム技術を活用した対話型AIロボットを共同開発。2017年中の提供をめざす。

対話型AIロボットは、本体搭載のディスプレイに、名前や年齢、性別、趣味、好きな食べ物、顔などの利用者情報(4人まで)を登録することで、幅広い対話を実現。会話の内容を理解するだけではなく、顔を識別し、利用者の趣味嗜好に合わせた対話ができるほか、雑談対話や内容に応じて声色を変化させることもできる。また、ディスプレイで対話をチャット形式で表示し、内容を確認することもできる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集