【東京オートサロン2017】閉幕…総来場者数32万4400人で3年連続で30万人突破

自動車 ニューモデル モーターショー
東京オートサロン2017
  • 東京オートサロン2017
  • 東京オートサロン2017
  • 東京オートサロン2017
  • 東京オートサロン2017
  • 東京オートサロン2017
  • 東京オートサロン2017
  • 東京オートサロン2017
  • 東京オートサロン2017
幕張メッセで行われていた東京オートサロン2017は15日に閉幕。最終日は12万1569人を記録し、3日間合計の総動員数は32万4400人を記録した。

今年も458社が出展し総勢850台のカスタムカーが集結。初日、2日目ともに例年にないほどの混雑だったが、最終日はそれを上回る賑わいとなった。ピークを迎えたお昼頃には各ブース間の通路を行き来するのも困難なほどに。この日もコンパニオンによるステージやトークショーなど様々なイベントが行われ、来場者も幕張メッセでの1日を満喫していた様子だった。

また今年は、ブース内にレーシングシミュレーターを設置し、ファンに体験してもらうコーナーや、ドライバー・コンパニオン同士で対決するブースも見られた。さらに今回はZOZOマリンスタジアムで初めてカスタムカーの同乗試乗会を開催。話題のホンダ新型『NSX』をはじめ、スバル『WRX S4 Ts』、フォルクスワーゲン『ゴルフR(DSG)』など、普段はなかなか乗れないプレミアムカー、カスタムカーを同乗体験し、そのパフォーマンスのすごさに驚く参加者も多かった。

家族連れでの来場も多く、最終日は小さな子どもを連れて1日を楽しむ家族連れも見られた。

主催者の発表によると、最終日の来場者数は12万1569人で、わずかに前年を下回る結果に。3日間合計も32万4400人と、こちらも前年の記録を超えることはできなかったが、3年連続で30万人以上の動員数を記録した。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース