東京メトロからのクリスマスプレゼント、日比谷線新型を特別運行 12月23-25日

鉄道 企業動向
日比谷線の新型電車「13000系」。12月23~25日に「特別運行」が行われる。
  • 日比谷線の新型電車「13000系」。12月23~25日に「特別運行」が行われる。
  • 13000系の本格的な運行開始は2017年3月の予定だ。
東京地下鉄(東京メトロ)は12月23~25日の3日間、13000系電車の「特別運行」を日比谷線の南千住(東京都荒川区)~霞ヶ関(千代田区)間で行う。同社が12月9日発表した。

13000系は、日比谷線に導入される予定の新型電車。本格的な運行開始は2017年3月の予定だが、「東京メトロからのクリスマスプレゼント」として特別運行が行われることになった。

運行時刻は往路が南千住9時16分発~霞ヶ関9時42分着、復路が霞ヶ関9時53分発~南千住10時19分着。一般の臨時列車として運行され、乗車に際して事前の申込みや予約は不要だ。13000系の営業運転はこれが初めてになる。

車内では、東京メトロの各種取組みを紹介する「すすメトロ!」のキャンペーン・キャラクター「ドラえもん」を描いた中づり広告などが掲出される。「ドラえもん」の色は本来青だが、日比谷線のラインカラーにあわせてシルバーでデザインされる。このほか、ドア上の3画面モニターを使用し、新型車両の特長などを「ドラえもん」の動画と組み合わせて紹介する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集