【JNCAP2016】アクセラ、対歩行者自動ブレーキで最高得点

自動車 テクノロジー 安全
マツダ・アクセラSKYACTIV-G
  • マツダ・アクセラSKYACTIV-G
国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)は12月1日、2016年度前期自動車アセスメントの評価結果を公表した。

予防安全性能評価については、今年度より新たに「対歩行者自動ブレーキ」の評価を開始、乗用車11車種について評価を実施した。その結果、11車種すべてが予防安全性能の総合評価で最高ランク「ASV++」を獲得した。最高得点は70.5点(71点満点)を獲得したマツダ『アクセラ』。アクセラは対歩行者自動ブレーキで最高得点を記録した。

そのほか、スズキ『イグニス』、スバル『インプレッサ』『フォレスター』『レヴォーグ/WRX』『レガシィ』、トヨタ『クラウン アスリート/クラウン ロイヤル/クラウン マジェスタ』『プリウス』、レクサス『GS/GS F』『RX』、ホンダ『フリード/フリード+』が最高ランクを獲得した。

衝突安全性能評価については、スズキ『イグニス』、ダイハツ『キャスト(トヨタ/ピクシス)』、トヨタ『ヴェルファイア/アルファード』『プリウス』の4車種について評価を実施。そのうち、ヴェルファイア/アルファードとプリウスが最高評価となるファイブスター賞を獲得した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集