スズキ ソリオ、ハイブリッド仕様を追加…32.0km/lの低燃費

自動車 ニューモデル 新型車
スズキ ソリオ ハイブリッド SZ
  • スズキ ソリオ ハイブリッド SZ
  • スズキ ソリオ バンディット ハイブリッド SV
スズキは、小型乗用車『ソリオ』および『ソリオ バンディット』に、新開発のハイブリッドシステムを搭載した新モデルを追加して、11月29日より発売する。

新たに発売するハイブリッド仕様車は、コンパクトボディと広い室内空間はそのままに、スズキ独自のハイブリッドシステムを搭載し、コンパクトハイトワゴントップの低燃費32.0km/リットル(JC08モード)と、力強い加速感のある走りを両立。「標準モード」と「エコモード」の2つの走行モードを設定し、キビキビとした走りと、EV走行の頻度を高めた燃費優先の走りを使い分けることができる。

新型車は、コンパクトながら瞬間的に大きな力を発揮する駆動用モーター(MGU)と、軽量コンパクトで伝達効率に優れたオートギヤシフト(AGS)を組み合わせたスズキ独自のパラレル方式ハイブリッドシステムを採用。変速時にMGUの駆動力で補うことで、スムーズな加速を実現した。また、走行中に蓄えた100V高電圧リチウムイオンバッテリーの電力をMGUに供給することで、モーターによるアシスト走行に加え、クリープ走行時や約60km/h以下での一定速走行時にはエンジンが自動停止し、EV走行を可能にした。

価格は191万7000円から206万2800円。全車エコカー減税の免税対象車となる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集