ニッポンレンタカー、運転支援システム搭載車を導入へ…料金は据え置き 2017年1月から

自動車 テクノロジー ITS
ニッポンレンタカーは、衝突被害軽減ブレーキや車線逸脱防止、誤発進抑制などの先進運転支援システム(ADAS)搭載車を2017年1月から本格導入する計画だ。

同社の顧客が起こした交通事故発生原因の中で、運転に不慣れの原因が約20%と最多だが、前方不注意やわき見運転などの「うっかり」事故が18%、渋滞中の追突やセンターラインオーバーも多発している。

同社では事故による機会損失、経済損失を低減するため、「うっかり」事故の発生を未然防止するのに役立つADAS搭載レンタカーを本格的に導入する。20171月から配備する新型車はすべてADAS搭載とする。2年後にはほぼ全車両がADAS機能を搭載した車両になる見通し。利用料金は据え置く。1台当たり5~10万円のコストアップとなるものの、これによって事故発生件数を20%削減できると予想している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集