横浜線の町田駅に低コストホームドア 12月17日試行開始

鉄道 テクノロジー
「スマートホームドア」のイメージ。12月17日から町田駅で試行的に使用を開始する。
  • 「スマートホームドア」のイメージ。12月17日から町田駅で試行的に使用を開始する。
  • スマートホームドアの図。フレーム構造のドアを採用するなどして低コスト化や工期の短縮を目指す。
  • スマートホームドアの設置手順。今年12月から2017年夏にかけて4番線ホームに順次整備する。
JR東日本横浜支社は11月24日、横浜線の町田駅(東京都町田市)で、新しいタイプのホームドア「スマートホームドア」の試行を12月17日から実施すると発表した。今後の展開に向けて検証を行う。

スマートホームドアは、JR東日本メカトロニクスが開発した新タイプのホームドア。フレーム構造のドアを採用するなど構造の簡素化を図った。これにより整備コストの圧縮や設置にかかる時間の短縮が可能になるという。

まず12月17日の初発から、町田駅4番線ホームの東神奈川方で1両分の使用を開始。2017年3月には八王子方の2ドアを除く1編成分設置する。八王子方の2ドアは2017年夏に設置する予定だ。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース