【NAGOYA CLASSIC CAR MEETING 16】歴代の レオーネ が集結

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
スバル レオーネ オーナーズクラブ
  • スバル レオーネ オーナーズクラブ
  • スバル レオーネ オーナーズクラブ
  • スバル レオーネ オーナーズクラブ
  • スバル レオーネ オーナーズクラブ
  • 1978年 レオーネ セダン 1600 4WD A34
  • 1978年 レオーネ セダン 1600 4WD A34
  • 1978年 レオーネ セダン 1600 4WD A34
  • 1981年 レオーネ エステートバン 1600 4WD AM5
今回の「NAGOYA CLASSIC CAR MEETING」(23日、愛知県豊田市豊田スタジアム)では、クラブブースも5つが参加。中でもいぶし銀の存在感があったのが「スバル レオーネ オーナーズクラブ」のブースだった。

同会は、スバルの4WDを育てた立て役者スバル『レオーネ』のオーナーが集まるクラブで、会員数は50名ほど。このイベントが愛知県開催ということで、中部エリア中心に7台の個性あふれるレオーネが集まった。

最も古い個体は、1978年式のセダン「1600 4WD」。世界初の量産4輪駆動乗用車だ。オーナーは自らコツコツとレストアを行うベテランで、関東方面へのイベントにも駆け付けている。1989年式ツーリングワゴン「クインディッチII」は当時の特別仕様車。目にも鮮やかな真っ白なボディが人目を引いていた。

カンガルーバーやホワイトレタータイヤでアメリカンな雰囲気にした1986年式ツーリングワゴン「1800ST」、4本出しのマフラーにした1982年式ツーリングワゴン「1800ターボ」、SRXスポーツエンジンやターボ用フルタイム4WDミッションなどを組み込んだ1989年式エステートバン「1600LC」など、モディファイ組も個性的。また、関東から乗り込んだクラブ代表の1990年式セダン「MAIA II」は最終型で、フルオリジナルを保っていた。

この日、同会はブース賞を獲得。トヨタのおひざ元で、超マイナーなレオーネ軍団が歓声を上げていた。
《嶽宮 三郎》

編集部おすすめのニュース

特集