【スーパー耐久 第5戦】激戦のST-4クラスはTOYOTA Team TOM’S SPIRIT 86がポールポジションを獲得

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

スーパー耐久 ST-4クラス
  • スーパー耐久 ST-4クラス
  • スーパー耐久 ST-4クラス
  • スーパー耐久 ST-4クラス
  • スーパー耐久 ST-4クラス
  • スーパー耐久 ST-5クラス
  • スーパー耐久 ST-5クラス
2016年のスーパー耐久シリーズ第5戦「スーパー耐久レースin OKAYAMA」の公式予選が22日、岡山国際サーキットで行われ、ST-4クラスはNo.86TOYOTA Team TOM’S SPIRIT 86、ST-5クラスはNo.88村上モータースMAZDAロードスターNDがそれぞれクラスポールポジションを獲得した。

今年は開幕戦から接戦のバトルが続いているST-4クラスは、ランキング2位のNo.86TOYOTA Team TOM’S SPIRIT 86が安定した速さを披露。Aドライバーの松井孝充が1分42秒378を記録すると、Bドライバーの井口卓人も1分42秒436の好タイムをマーク。合計で3分24秒814となり、2位以下に0.8秒もの大差をつけ今季4回目のポールポジションを獲得した。2番手にはNo.41TAKUMI×HERO’S SSR ings S2000、3番手にはCUSCO with Key’s 86が続いた。

一方、ランキングトップを快走するNo.13 ENDLESS・ADVAN・86はタイムが伸びず7番手。チャンピオン争いのことを考えると、明日の決勝では何としても巻き返したいところだ。

ST-5クラスはNo.88村上モータースMAZDAロードスターNDが3分37秒571で今季2回目のポールポジションを獲得した。

明日はST-4、ST-5クラスのみで決勝が行われ、8時35分から3時間の耐久レースで争われる。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集