山陽新幹線、相生-岡山間に新しい保守基地…作業時間が3倍に

鉄道 企業動向
新しい保守基地の概略図。2021年3月の完成を予定している。
  • 新しい保守基地の概略図。2021年3月の完成を予定している。
  • 新しい保守基地の位置。保守基地が増えることで移動時間が短くなり、保守時間を増やすことができる。
  • 山陽新幹線を走る列車。同線は現在、保守基地が13カ所設けられている。
JR西日本は10月12日、山陽新幹線相生~岡山間の兵庫県赤穂市内に、保守作業の拠点基地(保守基地)を新設すると発表した。2021年3月の完成を目指す。

発表によると、新しい保守基地は姫路保守基地(姫路駅付近)から38km、岡山保守基地(岡山駅付近)から44kmの地点に設けられる。敷地は約2万3900平方mで、留置線の総延長は約1600m。クレーンや検修庫、資材置場、給油設備などを設ける。

山陽新幹線は保守基地が13カ所に設けられているが、いずれも開業時に設置されたもの。開業後の追加設置はこれが初めてだ。

保守基地が増えることで、保守作業を行う場所までの移動時間が短くなり、作業時間を増やせる。現在の作業時間(約60分)に比べて最大で約3倍(約180分)の時間が確保できる見込みで、安全・安定輸送の維持に効果があるという。
《草町義和》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース