国産次期輸送機XC-2、入間基地に初めて飛来

航空 テクノロジー
入間基地に初めて飛来した次期輸送機XC-2。13日に実施される「空軍参謀招へい行事」の予行へ参加した。
  • 入間基地に初めて飛来した次期輸送機XC-2。13日に実施される「空軍参謀招へい行事」の予行へ参加した。
  • 予行では基地の隊員らが招待客を模し、見学時の導線や誘導などがテストされた。
  • XC-2は前日午前に飛来、行事が終了した夕方には岐阜基地へ戻るというスケジュール。
  • 入間基地を離陸していくXC-2。
  • 大型の機体だが、軽やかに上昇していく。
  • 入間基地所在の輸送機部隊に配備されている既存のC-1よりも体感的には静かと思える。
  • この日の機体は量産初号機だった。
  • 噂を聞いて駆けつけた航空ファンだけでなく、多くの地域住民も離陸の様子を眺めていた。
航空自衛隊は5日から6日に掛け、入間基地(埼玉県狭山市)に国産の次期輸送機「XC-2」を初めて飛来させた。翌週に開催される行事の予行に伴うもので、本番でも同様に飛来するものとみられる。

XC-2は航空自衛隊が開発中の大型戦術輸送機で、これまでに試作型2機と量産型1機を製造。現状では全機が岐阜基地(岐阜県各務原市)に配備されており、同基地に所在する飛行開発実験団によって性能確認試験が続けられている。

入間基地では来週から東京都内で開催される「国際航空宇宙展」にあわせ、各国の空軍関係者に国産軍用機をアピールするための行事が13日に実施されることが決まっており、XC-2はその目玉として展示される予定だ。6日にはこの行事の進行スケジュールを確認するための予行が行われており、今回のXC-2初飛来はこれに参加することで実現した。

既存のC-1輸送機を置き換えるかたちで、将来的には入間基地にもXC-2が配備されることになるが、置き換えは美保基地(鳥取県境港市)所在の輸送機部隊から実施される予定となっている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

  • 次期輸送機 XC-2、地上試験での不具合で開発期間延期…2016年度末へ 画像 次期輸送機 XC-2、地上試験での不具合で開発期間延期…2016年度末へ
  • 防衛省、次期輸送機XC-2の地上試験で不具合が発生…開発遅れの懸念 画像 防衛省、次期輸送機XC-2の地上試験で不具合が発生…開発遅れの懸念
  • 川崎重工、C-2 輸送機の量産初号機を航空自衛隊に納入 画像 川崎重工、C-2 輸送機の量産初号機を航空自衛隊に納入
  • 【F1 日本GP】いよいよ開幕、フリー走行1回目はニコ・ロズベルグがトップ 画像 【F1 日本GP】いよいよ開幕、フリー走行1回目はニコ・ロズベルグがトップ

特集