ゆりかもめ、新型車両「7300系」を増備…7200系も引退へ

鉄道 企業動向
2014年1月から運用されている7300系。三菱重工は今回、48両を受注した。
  • 2014年1月から運用されている7300系。三菱重工は今回、48両を受注した。
  • 三菱重工が今回受注した7300系48両が導入されると、7200系(写真)が全て引退する。
三菱重工業は9月23日、ゆりかもめ社から電車48両(6両編成8本)を受注したと発表した。2014年1月から営業運転を開始した7300系電車の増備分で、2018年6月から2020年6月にかけて納入する。

ゆりかもめ社は、新橋(東京都港区)~豊洲(江東区)間14.7kmを結ぶ東京臨海新交通臨海線(新交通ゆりかもめ)を運営する第三セクター。1995年11月の新橋~有明間開業時に7000系電車を導入し、1999年には7200系電車を導入した。

三菱重工は7000系の置換え用として7300系を受注し、2013年度から現在までに108両(6両編成18本)を納入した。今回受注した48両は7200系の置換え用となるもの。7000系と7200系の7300系への置換えが完了すると、ゆりかもめの車両は全て三菱重工製になる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • ゆりかもめ、新型車両7300系の営業運転開始…両開きドアとロングシート採用 画像 ゆりかもめ、新型車両7300系の営業運転開始…両開きドアとロングシート採用
  • ゆりかもめ、10月から大幅増発…土休日は74本増 画像 ゆりかもめ、10月から大幅増発…土休日は74本増
  • 西武鉄道の新型通勤電車「40000系」完成…コンセントやトイレ設置 画像 西武鉄道の新型通勤電車「40000系」完成…コンセントやトイレ設置
  • 宇都宮LRT「認定が適当」、運輸審議会が答申…要望事項も加える 画像 宇都宮LRT「認定が適当」、運輸審議会が答申…要望事項も加える

特集

おすすめのニュース