【ケーニグセグ 発表】パワーアップしエアロダイナミクスも追求

自動車 ニューモデル 新型車
ケーニグセグ アゲーラRSR
  • ケーニグセグ アゲーラRSR
  • ケーニグセグ アゲーラRSR
  • ケーニグセグ アゲーラRSR
  • ケーニグセグ アゲーラRSR
  • ケーニグセグ アゲーラRSR
  • ケーニグセグ アゲーラRSR
  • ケーニグセグ アゲーラRSR
  • ケーニグセグ アゲーラRSR
ケーニグセグ・ジャパンは世界25台限定の『アゲーラRS』をベースとした『アゲーラRSR』を発表した。3台のみの生産でそのすべてが日本に導入される。

エンジンはアゲーラRSと同様に5.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンながら、パワーは1115psから1200psへとアップした。

特に力が入れられたのはエアロダイナミクスだ。「フロントではスポイラーの形状が変更され、ダウンフォースが高められた」と説明するのは、ケーニグセグオートモーティブABのCEOクリスチャン・フォー・ケーニグセグ氏だ。

さらに、リアスポイラーは、「RSのようにボディにマウントする形ではなく、ルーフから伸びるタイプの形状に変更されたアクティブウイングだ」と、ケーニグセグ・ジャパンセールスマネージャーの中村仁史氏はいう。

ホイールは中空構造のカーボンファイバーホイールを採用。同じくカーボンファイバー製のライトウエイトシートは1.8kgの重量で、車両重量も1400kgを切る数値になる。

また、このアゲ―ラRSRでは、脱着式のルーフを備え、取り外したルーフは、ボンネットを開けると収納できるようになっている。

ケーニグセグ・ジャパンCEOの藤巻秀平氏によると、「RSをベースとはしているものの、生産までに、新技術や新素材を随時投入するので、実はほとんど新規のクルマといって差し支えない」と話す。

その価格は、2億6000万円(税別)だが、前述のとおり生産スケジュールや新技術、素材等の関係があることや、ほとんどオーダーメイドでの製造であることを踏まえ、「これはあくまでも参考価格だ」と藤巻氏は語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

  • 【ケーニグセグ 発表】日本法人発足…アゲーラRSR 全てを日本に 画像 【ケーニグセグ 発表】日本法人発足…アゲーラRSR 全てを日本に
  • アウディ S5 クーペ 新型、354馬力ターボを解き放つ[動画] 画像 アウディ S5 クーペ 新型、354馬力ターボを解き放つ[動画]
  • 【グッドウッド16】新型 アバルト124 スパイダー、ヒルクライムに出走 画像 【グッドウッド16】新型 アバルト124 スパイダー、ヒルクライムに出走
  • 【新聞ウォッチ】今からでも大丈夫なのか?  日本車各社のアフリカ攻略 画像 【新聞ウォッチ】今からでも大丈夫なのか? 日本車各社のアフリカ攻略

特集