日産 ブレード グライダー、EVスポーツが走る[動画]

エコカー EV
日産 ブレード グライダー の最新プロトタイプ
  • 日産 ブレード グライダー の最新プロトタイプ
  • 日産ブレード グライダーの最新プロトタイプ
  • 日産ブレード グライダーの最新プロトタイプ
  • 日産ブレード グライダーの最新プロトタイプ
  • 日産ブレード グライダーの最新プロトタイプ
日産自動車が8月4日、ブラジルのリオデジャネイロでワールドプレミアしたEVスポーツコンセプトカー、『ブレード グライダー』の最新プロトタイプ。同車の走行シーンを収めた映像が、ネット上で公開された。

ブレード グライダーは2013年秋、東京モーターショー13で発表。グライダーと三角翼をルーツに、究極まで突き詰めた効率性と高揚感の両立という新しいドライビングプレジャーを提供するEVスポーツコンセプトカー。

今回、ブラジルのリオデジャネイロで初公開されたブレード グライダーの最新プロトタイプでは、外観のデザインを見直し。フロントマスクは一新され、リアではテールランプを大型化。サイドドアは、逆ヒンジで開閉する方式へと変更された。室内は、ステアリングホイールやメーターなどのデザインを一新。

EVパワートレインは、モーターが最大出力268hp、最大トルク72.1kgmを発生。車両重量は1300kg。0‐100km/h加速5秒以下、最高速190km/hの性能を持つ。

日産自動車が公式サイトを通じて配信した映像では、このブレード グライダーの最新プロトタイプが、走行シーンを披露している。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集