【鈴鹿8耐】中須賀「連覇に向けて手応え十分」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
中須賀克行
  • 中須賀克行
  • 清成龍一
  • ニッキー・ヘイデン
前日のメーカー合同テストに続いて14日は、コカ・コーラ ゼロ鈴鹿8時間耐久ロードレースに向けたタイヤメーカーの合同テストが行われた。注目の人、ニッキー・ヘイデン(MuSASHi RT ハルク・プロ)は、本来のパフォーマンスを発揮するには至らなかった。

「やるべきことは沢山ある。いまはひとつずつ課題をクリアしている段階。チームメイトは若いけれど鈴鹿8耐で優勝経験を持っている。だからいろいろと教わっているけれど、僕もこれまでに多くのレースを体験しているので、3人の経験を融合させていこうと思っているんだ」とヘイデン。

一方、前日に続いてトップタイムをマークしたのはYAMAHA FACTORY RACING TEAMで、中須賀克行が2分06秒960、チームメイトのアレックス・ローズは2分07秒343をマークした。

「テストスケジュールはすべてこなせたし、連覇に向けて手応えは十分です」と中須賀。そしてローズは「マシンのフィーリングがいいから、走っていてとてもモチベーションが高まるんだ。ただ、ニュータイヤを履いてタイムアタックに出たら、その周に遅いマシンに引っかかってしまって、これがなければもっといいタイムが出ていたよ」と、こちらも準備万端だ。

この日のテストは、Team KAGAYAMAの清成龍一が2分08秒377で続き、MuSASHi RT ハルク・プロの2分08秒519、ヨシムラスズキシェルアドバンスの2分08秒554、さらにTOHO Racing、F.C.C. TSR Honda、Team GREENの順となった。

今回のテストですべての合同テストが終了。次に参加ライダーが顔をそろえるのは、いよいよ鈴鹿8耐ウイークとなる。
《佐久間光政》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース