FCA US、SUVなどリコール…6速ATに駆動ロスの可能性

自動車 ビジネス 海外マーケット
ダッジ ジャーニー
  • ダッジ ジャーニー
  • ダッジ ジャーニー
  • ダッジ ジャーニー
米国の自動車大手、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)US(旧クライスラーグループ)は6月30日、北米を中心に全世界でリコール(回収・無償修理)を行うと発表した。

今回のリコールは、トランスミッションの不具合が原因。同社によると、一部6速ATのポンプが、FCA USの求める性能基準を満たしていないことが判明。駆動ロスが発生する可能性があるという。

リコールの対象となるのは、2015-2016年モデルのダッジのSUV、『ジャーニー』、ミニバンのダッジ『グランドキャラバン』およびクライスラー『タウン&カントリー』など。米国では2万6211台、カナダでは9190台、メキシコでは321台、その他の世界市場では1514台、合計3万7236台がリコールに該当する。

FCA USは、対象車を保有する顧客に連絡。販売店において、6速ATのポンプを交換するリコール作業を行うとしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集