東京=父島間に新造船「おがさわら丸」が就航

船舶 企業動向
おがさわら丸
  • おがさわら丸
  • 新造船「おがさわら丸」の竣工記念式典
東京~父島間を運航する新造船「おがさわら丸」が竣工し、7月2日に小笠原海運の東京(竹芝)=父島航路に就航した。

「おがさわら丸」は、東京=父島間の約1000kmを航海し、島民や観光客を運ぶ唯一の定期船。島民の生活物資の輸送、農業・漁業産品の移出を担っている重要な航路となっている。

新造船「おがさわら丸」は、1997年から19年間にわたって就航してきた先代・おがさわら丸に代わって、7月2日に父島に向け初就航した。所要時間は25時間半かかっていたものが24時間に短縮された。

津島国土交通政務官は6月29日に開催された竣工記念式典に出席し「引き続き小笠原諸島の振興開発、定住促進に向けた取組を着実に進めたい」と述べた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 【夏休み】水上バスで東京港親子見学会 画像 【夏休み】水上バスで東京港親子見学会
  • 【海の日】6400台積載可、自動車運搬船「アクアマリンエース」を見学できる 画像 【海の日】6400台積載可、自動車運搬船「アクアマリンエース」を見学できる
  • 視察船「新東京丸」による東京港見学会、土曜日に定期開催 画像 視察船「新東京丸」による東京港見学会、土曜日に定期開催
  • ダンボールで作っちゃいました…大野萌菜美作品展 7月18日まで 画像 ダンボールで作っちゃいました…大野萌菜美作品展 7月18日まで

特集