磐越道で『路外給油サービス』の社会実験 

自動車 ビジネス 国内マーケット
今回の社会実験のエリア
  • 今回の社会実験のエリア
  • 社会実験に参加するGSの位置
NEXCO東日本は、高速道路上での燃料切れを防止するために、磐越道で『高速道路外ガソリンスタンド給油(路外給油サービス)社会実験』を実施する。

この社会実験は、磐越道のICから一旦流出して、高速道路外の指定GSにて給油を行い、1時間以内に同じICに再度流入した場合、利用者が本来目的としたICに降りずに走行した場合と同じ通行料金になるというもの。ETC車限定の社会実験となる。実施期間は、2016年7月16日から1年間(2017年7月15日まで)。

実施するICは新津IC。指定GSは、ゼネラルエナジー・新津インターSSとなる。基本的に24時間年中無休だが、臨時休業する可能性もあるので、事前に店舗に確認してほしいとNEXCO東日本では説明している。

この社会実験を実施する背景は、磐越道・阿賀野川SAのGSが閉鎖されていることにある。磐越道・磐梯山SAから日本海東北道・荒川胎内ICの区間の150kmと北陸道・黒崎PAの区間の120kmはGSがなく、燃料切れの可能性が高いことにある。

今回の社会実験を利用するには、GSでETCカードの確認を受ける必要がある。GS事務室内にある専用インターホンにて新津料金所係員に連絡する。また、新津ICを降りて1時間以内に新津ICから高速道路に戻ること。そして、新津ICを降りる前に走行した方向での利用が対象となる。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

  • NEXCO 3社、2017年度までに150km以上のGS空白区間を解消…路外給油サービスを開始 画像 NEXCO 3社、2017年度までに150km以上のGS空白区間を解消…路外給油サービスを開始
  • ICを降りて給油、高速道に戻れば料金変わらず…中国道の社会実験を継続 画像 ICを降りて給油、高速道に戻れば料金変わらず…中国道の社会実験を継続
  • iOS向け e燃費アプリ、3D Touchに対応…給油入力やGSマップへのショートカットアクセスが可能に 画像 iOS向け e燃費アプリ、3D Touchに対応…給油入力やGSマップへのショートカットアクセスが可能に
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース