ランドローバー、3年間無料メンテナンスパッケージ導入で車両価格を改定

自動車 ビジネス 国内マーケット
レンジローバー
  • レンジローバー
  • ランドローバーの新価格
ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、7月1日より、新車購入者向けの3年間無料メンテナンス・パッケージ「ランドローバー・プレミアムケア」をランドローバー全モデルに導入するにともない、車両本体価格を改定する。

ランドローバー・プレミアムケアは、新車購入時の品質と安全性を維持し、長く愛用してもらうための同社独自のプログラム。新車登録日から3年間、走行距離6万kmまでの保証修理、ロードサイドアシスタンス、定期点検(2回)と指定交換部品および一部の消耗部品の交換を含むメンテナンスを無料で行う。

ジャガーでは『XF』より先行導入していたが、今回ランドローバーもサポート体制が整ったことから導入を決定した。

新価格はレンジローバースポーツ SEが861万円(現行846万円)、レンジローバー 3.0 V6 スーパーチャージド ヴォーグ(340ps)が1371万円(同1339万円)など。なお、ディスカバリー スポーツおよびレンジローバー イヴォーグについては、価格の変更はない。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集