ホンダ、125ccスポーツ グロム の外観刷新…LEDヘッドライト採用など

モーターサイクル 新型車
ホンダ グロム(2016年)
  • ホンダ グロム(2016年)
  • ホンダ グロム(2016年)
  • ホンダ グロム(2016年)
  • ホンダ グロム(2016年)
ホンダは、個性的なスタイリングの125ccスポーツモデル『グロム』の外観を一新し、6月9日に発売する。

グロムは、2013年6月に発売して以来、コンパクトで扱いやすい車体サイズと、倒立フロントサスペンションや前後輪ディスクブレーキなどの本格的装備などにより、多くのユーザーに支持されている原付二種モデル。

今回、スタイリングをよりアグレッシブで力強い外観に一新。新設計のLEDヘッドライトを採用し、個性的なフロントフェイスをより際立たせるとともに、ボディ形状はエッジを効かせたデザインに変更することで精悍なイメージを高めている。また、ヒンジ式のタンクキャップを新たに採用することで給油時の利便性を高めたほか、イグニッションキーのブレード部を持ち手に収納可能としたフォールディング機能付き「リトラクタブルキー」をホンダ二輪車で初採用するなど、遊び心にあふれたモデルとしている。

車体色はパールバレンタインレッド、レモンアイスイエロー、パールヒマラヤズホワイトの3種類を設定。価格は34万5600円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集