フィアット 500、赤色の限定モデル発売…売上の一部をサンゴ礁再生活動に寄付

自動車 ニューモデル 新型車
フィアット 500 Corallo(コラーロ)
  • フィアット 500 Corallo(コラーロ)
  • フィアット 500 Corallo(コラーロ)
  • フィアット 500 Corallo(コラーロ)
  • フィアット 500 Corallo(コラーロ)
  • フィアット 500 Corallo(コラーロ)
  • フィアット 500 Corallo(コラーロ)
  • フィアット 500 Corallo(コラーロ)
  • フィアット 500 Corallo(コラーロ)
FCAジャパンは、フィアット『500』に特別仕様「Corallo(コラーロ)」を設定し、100台限定で6月11日より発売する。

フィアット500 コラーロは、通常は設定していない「1.2ラウンジ」をベースに、限定車専用色のコーラル レッドをボディおよびシートの一部に採用。さらに、限定車ならではの15インチアロイホイールを装着する。

価格は231万1200円。

なお、「コラーロ」とはイタリア語で「サンゴ」を意味する。FCAジャパンでは、車両の売上の一部を、石垣島周辺沿岸域にてサンゴ礁の再生活動を行うアクアプラネットに寄付。限定車の販売台数に因んで、100本のサンゴの苗の植え付けに活用してもらう。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集