【ジャガー XF】ドライバー周りを“シアター”と捉えた演出

自動車 ニューモデル 新型車

ジャガー XF
  • ジャガー XF
  • ジャガー XF
  • ジャガー XF
  • ジャガー XF
  • ジャガー XF
  • ジャガー XF
  • ジャガー XF
  • ジャガー XF
新型ジャガー『XF』のインテリア、特にドライバー周りの空間をジャガーではシアターと捉えているという。

XFのインテリアで最も特徴的なのは、『XJ』から採用されている、“リーバ・フープ”と呼ばれる、ダッシュボードがレイヤー状になり、室内全体を取り囲むような造形だろう。ジャガー・ランドローバー・ジャパンディーラー開発部の内藤久善氏によると、「現在ジャガーサルーンの伝統として取り入れられている。このリーバというのはイタリアの高級ボートメーカーのインストルメントパネルにインスパイアされたデザインだ」と説明する。

「ジャガーは美学を重視するブランドだ。クルマに乗り込むところから演出が始まる」と内藤氏。ドアをあけて室内に入るとリーバ・フープの真ん中にあるジャガーの刻印が点灯しドライバーを出迎える。そしてシートに座り、スタートボタンを見ると赤色に点滅。これは、「1分間に72回点滅をしており、これは動物のジャガーの鼓動をあらわしている」という。

そのスタートボタンを押すとエンジンが始動し、バーチャルインストルメントクラスターが点灯。そしてセンターコンソールにあるロータリーコントローラーがせり出してくる。また左右にあるエアベントがくるりと回転し開くという仕掛けだ。内藤氏は、「このドライバー空間をジャガーではシアターと捉えており、ドラマティックな空間にしようという考えだ」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集