新東名、掛川市内のトンネルで多重事故火災

29日9時59分頃、新東名高速道路上り線166キロポスト付近の平島トンネル内(静岡県掛川市)で、車両12台前後が関係する多重衝突事故が発生。10時15分から森掛川IC(インターチェンジ)~島田金谷IC間が通行止めとなった。

自動車 社会 社会
29日9時59分頃、新東名高速道路上り線166キロポスト付近の平島トンネル内(静岡県掛川市)で、車両12台前後が関係する多重衝突事故が発生。10時15分から森掛川IC(インターチェンジ)~島田金谷IC間が通行止めとなった。

同市消防によると、この事故で一時車両火災が発生、2台が消失した。10時44分に消し止められた。けが人はいない。

現場は上下線が独立しているため、下り線に影響はない。平島トンネル上り線は全長約800メートル。事故による滞留車両は排出され、現場検証が行われている、日本道路交通情報センターによると、下り線では自然渋滞が一部発生しているが、上り線の渋滞はない。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

特集