【メルセデス GLEクーペ】SUVらしい存在感と実用性を兼ね備えたモデル

メルセデス・ベンツ日本は4月27日、メルセデスブランド初のSUVクーペモデルとなる『GLEクーペ』の受注を開始した。3リットル直噴ディーゼルターボのほか、5.5リットル直噴ツインターボなど4モデルの設定で、価格は890万から1780万円で、8月から順次販売を開始する。

自動車 ニューモデル 新型車
メルセデスベンツ GLE クーペ
  • メルセデスベンツ GLE クーペ
  • メルセデスベンツ GLE クーペ
  • メルセデスベンツ GLE クーペ
  • メルセデス・ベンツ日本 廣澤臣哉 マネジャー
  • メルセデスベンツ GLE クーペ
  • メルセデスベンツ GLE クーペ
  • メルセデスベンツ GLE クーペ
  • メルセデスベンツ GLE クーペ
メルセデス・ベンツ日本は4月27日、メルセデスブランド初のSUVクーペモデルとなる『GLEクーペ』の受注を開始した。3リットル直噴ディーゼルターボのほか、5.5リットル直噴ツインターボなど4モデルの設定で、価格は890万から1780万円で、8月から順次販売を開始する。

メルセデス・ベンツ日本でSUVモデルの商品企画を担当する廣澤臣哉マネジャーは同日、都内で開いた発表会で、GLEクーペについて「知性と情熱、伝統とモダンを融合させたデザインでSUVらしい存在感を残しながら、クーペとしてのスタイリッシュなフォルムも実現している」と紹介。

さらに「後席は大人が十分快適に過ごせる空間を確保している。ラッゲジルームは最大1720リットル、後席を残したままでもゴルフバッグ3つ搭載できる。スポーティでありながら実用性も兼ね備えたモデルとなっている」と述べた。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集