三菱自 相川社長「原因解明と再発防止策が私のミッション」

自動車 ビジネス 企業動向

三菱自動車工業の相川哲郎社長と中尾龍吾副社長は4月26日、国土交通省で燃費データの不正問題について記者会見を行った
  • 三菱自動車工業の相川哲郎社長と中尾龍吾副社長は4月26日、国土交通省で燃費データの不正問題について記者会見を行った
三菱自動車工業の相川哲郎社長は4月26日、国土交通省で燃費データの不正問題について記者会見し、不祥事を「会社の存続にかかわるくらいの大きな事案」と語った。

問題の軽自動車を共同開発して供給している日産自動車については「(日産の)信頼を損ねたということで申し訳ない。日産さんのお客様にどう対応するか同社と協議しており、信頼を回復できるよう努めたい。お客様第一というのは日産さんと同じ」と話した。

自らの進退については「原因の究明と再発防止策をつくることが私のミッション」と述べた。そのうえで、同日発足させた弁護士らからなる「特別調査委員会」による「報告ができるまでは社長の責任を全うしたい」と語り、当面の続投に意欲を見せた。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集