楽天、ゴルフ場でドローン配送を開始…飲み物や食べ物をコース上のゴルファーに

航空 企業動向

専用ドローン「天空」のCGイメージ
  • 専用ドローン「天空」のCGイメージ
  • 専用ドローン「天空」のCGイメージ
  • 専用ドローン「天空」のCGイメージ
楽天は、5月9日からドローンを活用した一般消費者向けの配送サービス「そら楽」を開始すると発表した。

サービスの第1弾として、ゴルフ場コース内でプレイヤーがスマートフォンの専用アプリ(Android版)を使って、ゴルフ用品や軽食、飲み物などを注文すると、ドローンがコース内の受取所まで商品を届けるサービスを提供する。

アプリでは、注文可能な総量を注文画面で確認でき、商品発送準備開始時とドローンの飛行開始時には、プッシュ通知を受け取ることができる。サービス利用時には楽天会員IDでのログインが必要で、クレジットカードで決済できる。

運営者側では、アプリを通じて注文を受けると、専用デポに待機するスタッフが商品を配送用ボックスに梱包、ドローンの機体に取り付ける。スタッフが専用タブレットの管理画面で発送開始の操作すると、ドローンは自律飛行で受取所まで飛行、着陸してから荷物を自動投下した後、離陸ポイントに自動で戻る。

今回使用するドローンは、3月に楽天が出資した自律制御システム研究所(ACSL)が開発した機体を、サービス専用ドローン「天空」として活用する。荷物のリリース機能を搭載するとともに、着陸には楽天技術研究所の画像認識技術を活用する。

機体には、ACSLが独自開発した国産オートパイロットが搭載されている。

まず千葉県御宿町のゴルフ場「キャメルゴルフリゾート」で約1カ月間にわたってサービスを提供、利用者の声や運用状況を検証した上で、今後のサービス継続や拡大、他のゴルフ場でのサービス展開について検討する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集