八代港と博多港を結ぶ海上代替航路を臨時開設…被災者に生活支援物資を海上輸送

船舶 行政

井本商運にいよる八代港~博多港「海上バイパス航路」を臨時開設
  • 井本商運にいよる八代港~博多港「海上バイパス航路」を臨時開設
  • 内航コンテナ船「南新丸」
国土交通省は、熊本地震を受けた八代港=博多港間の「海上代替航路」を臨時で開設する。

熊本地震による幹線道路の混雑などで、被災地域の企業は、北部九州や本州に製品出荷する際、安定的な物流ルート確保に苦労している。八代市の企業によると、八代から福岡まで通常2時間弱が5時間弱かかるとしている。

被災地域と博多港間には、通常、海上の「コンテナ航路」はないが、井本商運が八代港=博多港間を臨時開設する。この海上代替航路によって多様な物流ルートを確保し、被災地の生活や産業活動の安定・回復を物流面で支える。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集