パナソニック、産業用ドローンを使ったインフラ点検システムを開発

航空 企業動向

ドローン(イメージ)
  • ドローン(イメージ)
パナソニックのAVCネットワークスは、高速道路の橋梁などを点検できる、産業用ドローンを活用したインフラ点検ソリューションシステムを開発する。

また、システム開発に向けて国内で各種産業用ドローンを製造販売するプロドローンと共同開発することで合意した。

インフラ点検システムとしてドローンを活用するには、安定した飛行と異常時の安全確保に対するプロの操作スキルや、用途に応じたドローンのカスタマイズが必要であることが課題となっている。

パナソニックは、これら課題に対応するため、カメラ技術や映像解析技術に加え、姿勢制御、障害物回避、対象物追跡などのブラックボックス技術を強化し、ドローン操作のスキルに依存しなくても安定操作を可能にするシステムを開発する。

ドローン本体は、業界のリーディングカンパニーであるプロドローンとの共同開発し、用途別カスタマイズや機能追加が柔軟にできる、同社の機体設計のノウハウや仕組みをベースにしながら、業務用途で必須となる統合安全装置を共同で開発する。

パナソニックは、肉眼では見えないものを見える化して、人にできない網羅点検と、経年変化を含めた全体俯瞰を可能にする新しい点検システムを開発し、劣化の兆候を捉えて早期に補修する「予防保全」型のソリューションとして、早期の事業化を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集