【北京モーターショー16】ジェイテクト、電動パワステ各種製品を紹介

自動車 ビジネス 海外マーケット
ジェイテクト(ブースイメージ)
  • ジェイテクト(ブースイメージ)
ジェイテクトは、4月25日から5月4日に開催される「北京モーターショー2016」に出展する。

今回の出展では、中国市場で掲げるブランドメッセージ「Creating the next value」をテーマに、市場ニーズにマッチした低燃費や環境対応技術を紹介する。

電動パワーステアリング(EPS)関連では、1988年にジェイテクトが世界で初めて開発・量産に成功した初代EPSを初め、中国で量産されているDP-EPS、今後日本での量産計画を推進しているRP-EPS、さらには機能安全対応技術を搭載したモーター一体のECUなど、多様な製品群を紹介する。

また、四輪駆動車の環境性能を高める電子制御カップリングシステム(ITCC)のほか、トヨタ『MIRAI』のカットモデルを出展。従来の自動車にも搭載されているEPSやハブユニットなどに加えて、「高圧水素供給バルブ」「減圧弁」といった、水素の流量を制御する燃料電池自動車に貢献する技術を中国市場で初公開する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集