ヒュンダイ ソナタ 先代、米国でリコール30万台…ブレーキ灯が消えない

自動車 ビジネス 海外マーケット

先代ヒュンダイ ソナタ
  • 先代ヒュンダイ ソナタ
韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)の主力中型セダン、『ソナタ』。同車の先代モデルが米国において、30万台のリコール(回収・無償修理)を実施する。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。NHTSAは、「ヒュンダイの米国法人、ヒュンダイモーターアメリカから、先代ソナタのリコールの届け出を受けた」と公表している。

今回のリコールは、ブレーキの不具合によるもの。NHTSAによると、ブレーキペダルのストッパーパッドの動きが悪化することによって、ペダルから足を離しても、ブレーキランプが点灯し続ける恐れがあるという。

対象となるのは、2011-2012年モデルの先代ソナタ。米国で販売された30万4900台が、リコールに該当する。

ヒュンダイは、対象車を保有する顧客に通知。販売店において、ブレーキペダルのストッパーパッドを対策品に交換するリコール作業を行う。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集