VW グループ、投資を1割削減へ…2016年計画

自動車 ビジネス 企業動向
フォルクスワーゲングループのマティアス・ミューラー新CEO
  • フォルクスワーゲングループのマティアス・ミューラー新CEO
  • フォルクスワーゲンのドイツ本社
  • ドイツ・ウォルフスブルクのVW工場(参考画像)
排ガス試験を巡る不正により、創業以来、最大の危機に直面しているフォルクスワーゲングループ。同社が、直近の投資の削減計画を公表した。

これは11月20日、フォルクスワーゲングループが明らかにしたもの。同社は、「2016年の自動車部門への投資額を、当初計画のおよそ130億ユーロ(約1兆7000億円)から、およそ120億ユーロ(約1兆5700億円)へと、1割削減する」と発表している。

10月13日、フォルクスワーゲングループは、「主力のフォルクスワーゲンブランドについて、当初の計画に対して、毎年10億ユーロ(約1365億円)の投資を削減する」と発表していた。

11月20日の発表は、これに続く形。フォルクスワーゲングループの監査役会は例年、向こう5年間の投資計画を承認してきた。しかし、今回承認されたのは、2016年の1年のみ。これは排ガス問題を受けて、厳しい財務状況に備えるのが目的。

フォルクスワーゲングループのマティアス・ミューラーCEOは、「投資と支出に厳密に優先順位をつけていく」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集