富士通など、AR技術を活用した造船生産支援システムを開発

船舶 企業動向

配管位置、配管方法を確認している様子
  • 配管位置、配管方法を確認している様子
  • システムのイメージ
  • 配管情報を確認している様子
  • 作業開始時の入力の様子
海上技術安全研究所は、富士通、富士通システムズ・ウエストと共同で、AR技術を適用した造船生産支援システムのプロトタイプを開発した。

システムは、海上技術安全研究所の造船支援システムに関する研究の蓄積と、富士通のAR技術により、現場業務を支援するシステム「マニュファクチャリング・インダストリ・ソリューション・プレミア・メンテナス・ビューワV2」を活用して開発した。

開発したシステムは、タンカーなどの大型船舶の建造で必要となる、何万本もの管を現場で組み合わせて取り付ける配管取付け作業の技能者育成と、生産性向上を目的に開発した。

管ごとに付けられたARマーカーにスマートデバイスをかざすと、その管の配管図面と配管3Dモデル、管符号などを表示し、配管取付け作業を支援する。また、管ごとに、配管取付けを行った技能者名、作業終了日時、技能者からの申し送り情報を入力する画面も重畳表示されるため、配管取付け作業後、その場で、これらの情報を入力できる。

また、入力された情報を一元管理するため、建造船全体や、管ごとの作業進捗状況をガントチャートで可視化する。

海上技術安全研究所は今後、このシステムを活用した実証実験に参加する造船会社を募集、実用化に向け、造船会社での試行運用を実施する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集