ANAホールディングス、三重県と連携協定を締結…観光振興などで協力

航空 企業動向
ANA(参考画像)
  • ANA(参考画像)
ANAホールディングスは、三重県と「グローバル化における地方創生」を共通のキーワードに、連携協定を締結したと発表した。

2016年5月に三重県で伊勢志摩サミットが開催される。三重県とANAホールディングスはこれまで、航空宇宙人材育成に関する協働事業や海外ミッションで協力してきたが、観光促進や食の販路拡大など、様々な分野で連携を強化し、地方創生につなげるための取組みを推進する。

具体的には、機内誌での三重県の紹介や旅行商品の造成による観光の振興、機内食やラウンジなどでの三重県食材の提供、ANAグループの貨物ネットワークを活用したASEANへの販路拡大など食の販路拡大に取り組む。航空宇宙分野での人材育成支援も強化する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集