VWグループの排ガス不正問題、韓国政府が調査へ

自動車 ビジネス 海外マーケット
フォルクスワーゲン ゴルフ
  • フォルクスワーゲン ゴルフ
  • アウディ A3 セダン
  • フォルクスワーゲン・ジェッタ
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル
フォルクスワーゲングループが、排ガス規制を不正に逃れる目的で、違法なソフトウェアを車両に装着していた問題。この問題について、韓国政府が調査に乗り出すことが分かった。

これは9月24日、韓国の環境省が明らかにしたもの。「フォルクスワーゲングループの4車について、排出ガス性能の検査を行う」と発表している。

フォルクスワーゲングループは韓国市場に、ディーゼルエンジン搭載の4車種を導入。フォルクスワーゲンブランドは、『ゴルフ』、『ジェッタ』、『ザ・ビートル』、アウディブランドは『A3セダン』となる。

韓国環境省によると、複数のテストを予定。さまざまな条件での公道走行テストも計画されている。

テストは10月1日から開始。韓国環境省は、「結果が分かり次第、公表する」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集