【フランクフルトモーターショー15】スマート 新型にEV、2016年後半に発売へ

自動車 ニューモデル モーターショー
写真はスマート フォーツーカブリオレ(フランクフルトモーターショー15)
  • 写真はスマート フォーツーカブリオレ(フランクフルトモーターショー15)
  • 写真はスマート フォーツーカブリオレ(フランクフルトモーターショー15)
  • スマート フォーツー ブラバス エレクトリック ドライブ(現行型)
  • スマートフォーツー 新型
  • 新型 スマート フォー フォー
ドイツの高級車メーカー、メルセデスベンツ傘下のスマート。その最新モデルに、EVが設定されることが決定した。

これは9月15日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー15において、スマートブランドを擁するダイムラーと、ルノー日産が共同発表したもの。「スマート 『フォーツー』および『フォーフォー』のEVモデルを、2016年後半に発売する予定」と発表している。

スマートのEVといえば、先代フォーツーに用意されていた。新型では、フォーツーだけでなく、復活を遂げたフォーフォーにも、EVがラインナップされる。

新型フォーツー と フォーフォーは、新型ルノー『トゥインゴ』と車台を共有。ダイムラーとルノー日産の提携関係を生かして、新型フォーツーとフォーフォーのEVには、ルノーの小型EV、『ZOE』と同じルノー製モーターを搭載する予定。

また、バッテリー(二次電池)は、ドイツ・カーメンツのダイムラーの子会社、ドイチェ・アキュモーティブ社で生産する、している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集