【フランクフルトモーターショー15】変形するメルセデス「IAA」、空気抵抗は世界最小レベル…公式写真

メルセデスベンツは9月14日夜、フランクフルトモーターショー15のプレビューイベントにおいて、『コンセプトIAA』を初公開。今回は同車の公式写真を大量に入手したので紹介する。

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー
メルセデスベンツ コンセプト IAA
  • メルセデスベンツ コンセプト IAA
  • メルセデスベンツ コンセプト IAA
  • メルセデスベンツ コンセプト IAA
  • メルセデスベンツ コンセプト IAA
  • メルセデスベンツ コンセプト IAA
  • メルセデスベンツ コンセプト IAA
  • メルセデスベンツ コンセプト IAA
  • メルセデスベンツ コンセプト IAA
メルセデスベンツは9月14日夜、フランクフルトモーターショー15のプレビューイベントにおいて、『コンセプトIAA』を初公開。今回は同車の公式写真を大量に入手したので紹介する。

コンセプトIAAの「IAA」とは、インテリジェント・エアロダイナミック・オートモビルの略。名前の通り、空気抵抗を世界最小レベルまで下げることに成功している。この優れた空気抵抗を実現するために搭載されたのが、エアロダイナミックモード。速度が80km/hに到達すると、自動的に作動する機能で、車体のリアが最大390mm伸び、前後バンパーのフラップが、20-25mmせり出すなど、「変形」して空気抵抗を減らす。

ボディサイズは、全長5040mm、全幅1995mm、全高1305mm、ホイールベース2975mm。エアロダイナミックモードでは、全長が5430mmに拡大する。

パワートレインは、プラグインハイブリッド(PHV)で、エンジンとモーターを合わせたトータル出力は、279hp。最高速は250km/h(リミッター作動)。EVモードでは最大66kmをゼロエミッション走行できる効果もあり、CO2排出量28g/kmの優れた環境性能を達成している。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集