【ジープ レネゲード 試乗】何しろカジュアルで軽快な「リミテッド」…島崎七生人

試乗記 輸入車
ジープ レネゲード リミテッド
  • ジープ レネゲード リミテッド
  • ジープ レネゲード リミテッド
  • ジープ レネゲード リミテッド
  • ジープ レネゲード リミテッド
  • ジープ レネゲード リミテッド
  • ジープ レネゲード リミテッド
  • ジープ レネゲード リミテッド
  • ジープ レネゲード リミテッド
レネゲードには4×4モデルのほかに“4×2”も設定される。Limited(リミテッド)のグレード名がつくこちらは搭載エンジンが1.4リットルターボとなり、前輪駆動となる。2ペダル式の6速デュアルクラッチが組み合わせられて、きわめて現代的なコンパクトSUVの仕立てだ。

で、走らせてみたら、Trailhawk(トレイルホーク)とはまったく別モノだった。いい意味で軽妙、そして実に爽やかな走りっぷりなのである。ちょうど日産『ジューク』とスズキ『ハスラー』を足して2で割った…そんな風。さらに軽快なエンジンのビートは、明らかにフィアット車の雰囲気。乗り心地も適度なしなやかさが味わえるもので、街中から高速まで快適だ。

以前ジープのエンジニアが、某所でハスラーの実車をしげしげと眺めている場に立ち合ったことがあったが、彼らはこのレネゲードで、本格4WD車ともう1台、カジュアルなSUVも商品化したかったのだなあ…と思い出し、納得した次第。

トレイルホークより120kgも軽量だから、動力性能にはまったく不満はない。街中の出足も軽快だし、100km/h(6速で2000rpm)も十分に余裕を残す印象。音・振動(=この点でフィアット車の雰囲気が濃厚だ)も気にならない低さなので実に快適。そうなってくると、スポーツギヤに着想を得たというポップなインテリアデザインや、リラックスムードの外観スタイルが、より「いいね!」と思えてくる。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集