DeNA、個人間カーシェアサービス「Anyca」を開始…都内中心に200台以上利用可能

自動車 ビジネス 国内マーケット

DeNA 個人間カーシェアサービス Anyca(エニカ)
  • DeNA 個人間カーシェアサービス Anyca(エニカ)
  • DeNA 個人間カーシェアサービス Anyca(エニカ)
DeNAは、オートモーティブ領域の新事業として、個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」の提供を9月9日より開始する。

Anycaは、自動車を使わない間は使いたい人にシェアしたい「オーナー」と、必要な時に好みの自動車を使いたい「ドライバー」をマッチングする、新しいカーシェアサービス。現在、国内外の乗用車をはじめ、旧車やスポーツカー、痛車まで、東京都を中心に200台以上が利用可能な車両として登録されている。

同サービスは、スマートフォンやタブレット端末(iPhone、Android端末)に専用アプリ「Anyca」をインストールして利用する。ドライバーは気に入ったクルマをオーナーに「予約リクエスト」。オーナーが「予約リクエスト」を承認すると予約が確定する。待ち合わせ場所でクルマを受渡し、ドライバーは運転後、オーナーにクルマの返却する。

利用料などのシェア条件は、クルマの登録時にオーナーが詳細に設定できるほか、利用料の決済はクレジットカードでできる。また、1日単位の自動車保険への加入がワンストップで行える仕組みなども用意し、万一の事故にも備える。

DeNAでは、リピート時等の車両引き渡しをより便利にするため、スマートフォンでドアの解錠・施錠ができる「スマートキー」を開発中。2015年10月頃から利用者へのトライアルとして無料レンタルを実施する予定。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集