【BMW 2シリーズ アクティブツアラー 試乗】ディーゼルエンジン搭載で、青空が見えた…岩貞るみこ

試乗記 輸入車
BMW 2シリーズ アクティブツアラー
  • BMW 2シリーズ アクティブツアラー
  • BMW 2シリーズ アクティブツアラー
  • BMW 2シリーズ アクティブツアラー
  • BMW 2シリーズ アクティブツアラー
  • BMW 2シリーズ アクティブツアラー
  • BMW 2シリーズ アクティブツアラー
  • BMW 2シリーズ アクティブツアラー
  • BMW 2シリーズ アクティブツアラー
『アクティブツアラー』がデビューしたときの私の試乗記事を掘り起こしてもらえればわかるが、評価はイマイチである。搭載されたガソリンエンジンの音といい振動といい全体的な加速感といい雰囲気といい、BMWらしく思えなくて。

そんなもんだからサイドミラーの生えている三角窓の枠がある運転席から見える景色までが、なんだかなあな印象になっていた。けれど、ディーゼルエンジン搭載で、気持ちは180度変化である。女心と夏の空。最近の日本は、ゲリラ豪雨からの青空で虹が出ることも多いのだ。

印象を変えた一番の要因は、ディーゼルのトルクと加速感である。アクセルを踏んだと同時に抜群の瞬発力で反応する。するとどうだろう。ハンドリングの印象も違ってくる。ハンドルをきった方向へ押し出されるように、アタマからぐいぐいと曲がっていくのだ。この反応の早さ。全体のキレのある走り。クルマ自体が軽くなったような感覚に襲われる。

懸案のエンジン音も、ディーゼルはもともと覚悟ができている。この走りなんだもん、このガラガラ音がしてもディーゼルだしねと割り切れるのだ。ここまで心変わりをすると、アバタもエクボゆえに、サイドミラーの三角窓もまったく気にならなくなってくる。それよりも、ドラポジ高くて視界が広いし、悪くないねえとつぶやいてみたり。我ながら、情けないほどの心変わりだ。

BMWも日本市場にどうして最初からディーゼルを出さなかったかな。いろいろ事情はあるんだろうけれど。ガソリンエンジンに罪はないけれど、選ぶなら絶対、ディーゼルがオススメである。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

岩貞るみこ|モータージャーナリスト/作家
イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に取材するほか、最近は ノンフィクション作家として子供たちに命の尊さを伝える活動を行っている。レスポンスでは、アラフィー女性ユーザー視点でのインプレを執筆。
《岩貞るみこ》

編集部おすすめのニュース

特集