東京マラソン2016、抽選倍率11.3倍で過去最高

エンターテインメント イベント
過去の東京マラソンの様子(スタート) 写真提供:Getty Images
  • 過去の東京マラソンの様子(スタート) 写真提供:Getty Images
  • 過去の東京マラソンの様子(銀座三越前) 写真提供:Getty Images
 一般財団法人東京マラソン財団は、2016年2月28日に開催予定の『東京マラソン2016』への一般募集を8月31日に締め切り、9月1日に「ランナー参加申込状況」として、申込者数を発表した。

 記念すべき第10回大会となる今回、マラソン(42.195km)の一般募集(車いす、先行受付2次抽選対象者含む)に申し込んだ人数は308,810人(抽選倍率 約11.3倍)、10kmは1,014人(抽選倍率 約2.5倍)だった。

 抽選結果は、9月16日にメールにて、申込者全員に通知される予定で、一般募集の当選対象人数は、マラソンが27,370人、10kmは400人となっている。

 なお、昨年の一般募集にあたる抽選倍率は、マラソンが約10.7倍、10kmが約2.3倍となっており、今年はさらに狭き門となった。

 このほか、10万円以上の寄付をし、希望によりフルマラソンにのみ参加可能なチャリティランナーの募集は、11月13日(法人は11月4日)の17時まで行われており、8月31日17時時点で594人が申し込んでいる(参加人数は先着3,000人)。

東京マラソン2016…マラソンの抽選倍率は11.3倍で過去最高

《ダイエットクラブ編集部》

特集