兼松、セスナ機「サイテージ」シリーズの販売代理店に…日本の公官庁向け

航空 企業動向
Citation Sovereign+
  • Citation Sovereign+
  • Citation Sovereign+
  • Citation Sovereign+
兼松は、米国のセスナ・エアクラフト・カンパニーからジェット機である「サイテーション」シリーズの日本国公官庁向けの販売代理店権を獲得した。

兼松は、既に2013年12月に、国土交通省航空局から、セスナのサイテーションCJ4をベースとした飛行検査機3機を受注し、2015年度に引き渡す予定。今回、新たにセスナ製の全ジェット機の販売代理店権を取得した。

セスナのサイテーションシリーズは、6人乗りの小型機である「マスタング」から、高い離着陸性能をもつ12人乗り中型機である「ソブリン+」も含め、現在開発中の「ローンジチュード」まで、幅広いラインナップを取り揃えている。兼松では、様々なプロジェクトに適した機種を日本国内で紹介していく。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 日産と兼松、米カリフォルニア州で実施するEVの行動範囲拡大実証に参画 画像 日産と兼松、米カリフォルニア州で実施するEVの行動範囲拡大実証に参画
  • 兼松、国土交通省から飛行検査用航空機としてセスナ製「CJ4」を3機受注 画像 兼松、国土交通省から飛行検査用航空機としてセスナ製「CJ4」を3機受注
  • 兼松、ボンバルディアの次世代ジェット旅客機Cシリーズの国内代理権を獲得 画像 兼松、ボンバルディアの次世代ジェット旅客機Cシリーズの国内代理権を獲得
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース