セスナ、日本で最初のCJ4の契約を勝ち取る

航空 企業動向
セスナ・サイテーションCJ4
  • セスナ・サイテーションCJ4
  • セスナ・サイテーションCJ4
セスナは2月11日、国土交通省の下部組織である地方航空局(JCAB)に、彼等の特別ミッション協力者である日本の兼松株式会社を通じ、3機の『サイテーションCJ4ビジネスジェット機』を納入することを発表した。

このジェット機には飛行調査システムが装備され、それ等のミッションの一部分は航空ナビゲーション機能と航空ルート、航空交通制御施設を認証する。

1920海里(3556km)の最大航続距離と2070ポンド(939kg)の最大積載量を持つCJ4は、飛行調査と測定ミッションに対して能率的な選択である。この軽量ビジネスジェット機の優れた積載能力は、CJ4に最高8名の乗客を収容させることができる。

サイテーションCJ4の日本への納入は、この国でのセスナ・サイテーション航空機の人気が成長しつつあることを示している。過去の数十年間で、サイテーションジェット機は日本におけるビジネスジェット機の2つのブランドの納入合計に対し、2対1の割合で勝っている。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

  • セスナ、オークションで110万ドルの収益上げる 画像 セスナ、オークションで110万ドルの収益上げる
  • セスナ、FAAよりサイテーション・ソブリン+の認可受領により納入を開始 画像 セスナ、FAAよりサイテーション・ソブリン+の認可受領により納入を開始
  • セスナ、サイテーションM2のFAAによる認可と最初の納入を祝う 画像 セスナ、サイテーションM2のFAAによる認可と最初の納入を祝う
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース