レクサス、デザインアワード作品を青山で展示中

  • レクサス(LEXUS)が8月10日から10月18日まで、国際デザインコンペティション「LEXUS DESIGN AWARD 2016」の作品をLexusDesignAward.com/jpにて募集している。
自動車 ビジネス 国内マーケット
「LEXUS DESIGN AWARD 2015」の入賞作品
  • 「LEXUS DESIGN AWARD 2015」の入賞作品
  • 「LEXUS DESIGN AWARD 2015」の入賞作品
  • 「LEXUS DESIGN AWARD 2015」の入賞作品
  • 「LEXUS DESIGN AWARD 2015」の入賞作品
  • 「LEXUS DESIGN AWARD 2015」の入賞作品
  • 「LEXUS DESIGN AWARD 2015」の入賞作品
  • 東京・南青山のINTERSECT BY LEXUS - TOKYOにて「ミラノデザインウィーク2015」に出展したインスタレーション「LEXUS - A JOURNEY OF THE SENSES」の一部を展示中
  • 東京・南青山のINTERSECT BY LEXUS - TOKYO
レクサス(LEXUS)が国際デザインコンペティション「LEXUS DESIGN AWARD 2016」のエントリー作品をLexusDesignAward.com/jpにて募集している。応募締め切りは10月18日。

次世代を担う世界のクリエイターを対象とし、12年に創設された同コンペティション。「LEXUS DESIGN AWARD 2015」で初代グランプリを獲得したエマヌエル・コルティとイヴァン・パラティの「Sense-Wear」は、ミラノでの展示後、日本、ロシアでのレクサス関連イベントにて展示。同入賞者の阿津侑三は、自身の作品「INSTAMP」の商品化が決定している。また、「LEXUS DESIGN AWARD 2014」受賞者のセバスチャン・シェラは、自身のプロダクトブランドを立ち上げ、ミラノデザインウィーク2015で個展を開催するなど、過去の受賞者たちは受賞後にそれぞれ目覚ましい活躍を見せている。

第4回目を迎える同コンペティションでは、テーマを“Anticipation(予見)”と設定。これまで、人々や社会のニーズを予見することで商品やサービスの向上を実現してきたレクサスが、クリエイターによる独創的な解釈とレクサスが求める次世代の革新的デザインを期待して、同テーマを設定した。

なお、入賞12作品は、イタリア・ミラノで開催されるミラノデザインウィーク2016のレクサス会場にて展示。さらに、入賞12作品のうち4作品の受賞者はそれぞれ、世界的クリエイターとともにプロトタイプを制作。その制作費として最大で300万円が支援される。最終的には受賞者に会場で作品についてのプレゼンテーションを行い、最終審査を経てプロトタイプ4作品の中から、グランプリ1作品が決定される。

また、レクサスは8月28日まで、ミラノデザインウィーク2015に出展したインスタレーション「LEXUS - A JOURNEY OF THE SENSES」の一部と「LEXUS DESIGN AWARD 2015」の入賞作品を東京・南青山のINTERSECT BY LEXUS - TOKYOにて凱旋展示している。

レクサスが2016年もミラノデザインウィークに参加。テーマは「予見」、アワードの作品募集を開始

《HEW》

編集部おすすめのニュース

特集