GM、米国製大型セダンを韓国に投入…シボレー インパラ

自動車 ニューモデル 新型車
シボレー インパラ 韓国仕様
  • シボレー インパラ 韓国仕様
米国の自動車最大手、GMは7月31日、米国製のシボレー『インパラ』を、韓国市場に投入すると発表した。

インパラは、シボレーブランド伝統の大型セダン。韓国にシボレーブランドのフルサイズセダンを導入するのは、今回が初めてとなる。

韓国向けのインパラには、2種類のガソリンエンジンを設定。2.5リットル直列4気筒と、3.6リットルV型6気筒となる。

韓国向けならではの装備が、電動格納式ドアミラー、ETCシステム、燃料キャップロック、雨滴感知ワイパーなど。また、ナビゲーションシステムをはじめ、後席オーディオコントロール、後席シートヒーターなど、装備を充実させた。

なお、韓国向けのシボレー インパラは、GMの米国ミシガン州ハムトラムク工場で組み立てられる。

GMコレアのセルジオ・ローチャ社長兼CEOは、「インパラのデザインや快適性、安全性、力強い性能や技術が、韓国の競争激しいアッパーミディアムセダン分野において、主導的地位を占めると確信している」と自信を示した。
《森脇稔》
【画像】GM、米国製大型セダンを韓国に投入…シボレー インパラ(1枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース