ダイハツ、第1四半期営業利益は36%減の161億円

自動車 ビジネス 企業動向
ダイハツ工業 別所則英上級執行役員
  • ダイハツ工業 別所則英上級執行役員
  • マレーシア クアラルンプール
ダイハツ工業が7月30日に発表した2016年3月期の第1四半期(4-6月期)連結決算は、国内軽自動車市場の縮小に伴う販売低調で、営業利益は前年同期比36%減の161億円となった。同期での減益は2年連続。

第1四半期の国内軽自動車販売は20%減の12万8000台となった。一方で海外はマレーシアの好調などにより10%増の10万5000台と伸ばしたが、国内の不振が響いた。

純利益は61%減の54億円だった。通期予想は営業利益1000億円(前期比10%減)などとしている通首時点の数値を据え置いた。

都内で会見した別所則英上級執行役員は「軽自動車は9月に新ジャンルの商品を投入するなどで、期首計画の通期63万台を目指し、業績と販売台数の達成に注力していく」と述べた。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集